読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

従軍慰安婦について

 韓国で女性の大学教授が「帝国の慰安婦」という本を書いて今侮辱罪で訴えられている。一方、釜山の日本領事館の前にまた慰安婦の像が建てられたらしい。慰安婦の像は幼気な少女を象ったものらしいが先の大学教授は慰安婦の中に少女はいなかったと書いている。だから訴えられたのだろうが彼女がこの本の中で言わんとしたのは、韓国が「少女まで慰安婦にした」と言えば、日本は「否、そこまで酷いことはしなかった」と反論するから事実を明確にすることから始めないと問題解決にならないと言っているのだろう。少女まで強制的に慰安婦にしたのか否かは判らないがこの本を読むと我が国はまず謝る必要があることを痛感させられる。それは韓国にというより慰安婦だった人たちにだが・・・。そのうえで、慰安婦の像は止めようがないから建てたいだけ建てさせたらいい。「過ぎたるは及ばざるがごとし」というからいつか彼らも止めてくれるだろう。