読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自衛隊について

 災害に見舞われたとき自衛隊ほど頼りになる存在はない。辻元先生ももそれは認めざるを得ないだろう。

 東北で自衛隊が救済に当たった時子供たちが「自衛隊さんありがとう」という横断幕を掲げたことがある。自民党が言うように国防軍に名前を替えると子供たちは「国防軍さんありがとう」と言うのだろうか?。

 自衛隊の海外での活動範囲を広げる動きの中で野党は「隊員の中に死者が出る」と言って反対した。ならば、警察官とか消防士とか命がけで働いている人達にも「死者が出ないように働いてください」と言うのだろうか?。